「人間消失」考察!最終回はどんな意味?完結話の感想がひどいと評価された漫画を深掘りする!(ネタバレ注意)

「人間消失」考察!最終回はどんな意味?完結話の感想がひどいと評価された漫画を深掘りする!(ネタバレ注意)

2022~2023年に「マガジンポケット」にて連載された大人気漫画「人間消失」について最終回の意味について考察していきます。

レビューでは完結話の内容が酷いと感想が挙げられている話題の最終回を深掘りしていき、最終回にはどんな意味が含まれているのかを考察していきたいと思います。

初版発行日‎‎‎‎2022年10月7日発売
作者作者:江戸川エドガワ
巻数全5巻(コミックス)
ジャンルサスペンス
Wikipedia人間消失のWikipediaはなし
記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)

最終回の考察をする上でネタバレを含む場合があります。
まだ「人間消失」を見ていない方は最初に人間消失を見て下さい。

「人間消失」のあらすじ

主人公の浜田誠(はまだ まこと)はコロナ禍を凄く高校生

ソーシャルディスタンスを守らなくてはいけない状況下で生活をする中、学校で進路希望調査に回答しなかった安井輝夫、田畑靖、松岡綾香の3人と共に相談を待っていると突如他の人間が消失してしまいます。

どこに行っても誰もおらず、SNSも更新されない状況で他の人を探し続けますが、どこに行っても人は見つかりません。

どうせ人がいないのであればと4人の生活を満喫しますが、日が経つに連れて、世界が戻らないのではないかという不安に掻き立てられます

果たして、世界は元に戻るのか?

各巻ごとのあらすじは以下にて紹介しています。

「人間消失」最終回のあらすじ

両親2人と松岡と4人で楽しく食事をした…
それは浜田が見た幻だった…

自分が幻を見ていたことに気付いた浜田は松岡と2人で生きていく事を決めます。

インフラが止まった世界の中、川で洗濯をして、保存食でなんとか料理を作る浜田。

食生活一つとってもこのままの生活は続かない事を感じながら、生きる為に色々な知識を得ようと時間があるときは参考書や医学書を読み、自家発電機を作動させて電気と水道を開通させます。

豪華なご馳走を作り、ワインで松岡と乾杯をします。

食事中に松岡は1台のスマホを差し出します。
スマホを自宅のパソコンに繋げて画像を見る2人

そこには浜田、安井、田畑、松岡の4人で花火をしたり、カラオケをやったり、街を散策している動画があり、あの時は楽しかったと2人は思い出に浸ります。

そこからしばらく時が経過し、大人になった浜田が街を見下ろしている姿と少しふくよかになった松岡が膨らんだお腹で布団に寝ている姿が描かれます。

浜田は過去に松岡に言われた

「みっともなくていい…、情けなくてもいいから…、どんなことがあっても全力で生きてよ。私はそんなあなたを笑ったりしない」

という言葉を思い返しながら「生きて、生きて、生きて、生きて、逃げずに…、生き抜く」と誓う浜田

松岡と一緒に田植えをした過去を描き、二人のいる場所の足元から芽が出てくるところを描いて「人間消失」は終了となります。

「人間消失」最終回の感想・評価

「人間消失」最終回の口コミ・レビュー

「人間消失」最終回・最終巻についてはかなり辛辣な感想・評価が挙げられています。

考察を行う前に最終回に対してどんな感想が挙げられているかを紹介していきたいと思います。

Amazonのカスタマーレビューの中から感想を紹介します。

本当に最終回なのか何度も見返してしまった、中途半端すぎで誰でもかけそうな終わりかたでした。

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%96%93%E6%B6%88%E5%A4%B1-5-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9KC-%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%AC%E3%83%AF/product-reviews/4065325730)

作者か、もしくは掲載誌が「消失」したのかと思えるほどの中途半端な終わり方でした。
下手すると最終話が消失した(本当はこの後にもう1話あるのでは?)感じすらあります(笑)

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%96%93%E6%B6%88%E5%A4%B1-5-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9KC-%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%AC%E3%83%AF/product-reviews/4065325730)

最後まで話が盛り上がらないまま終わった。
スリルもなければ全く深みもない、サバイバル要素も適当だし何がやりたかったの分からない中途半端な作品。
何の説明もなく突然人が消え、その謎は解明される事もない不条理系のストーリーに、やたら感情的な友人などアンバランスなキャラがのる。
設定だけでなくキャラもリアリティに欠けるから、つまらないの一言。

引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%96%93%E6%B6%88%E5%A4%B1-5-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9KC-%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%AC%E3%83%AF/product-reviews/4065325730)

各巻ごとのあらすじ・ストーリー紹介は以下にて紹介しています。

「人間消失」最終回の感想

口コミではかなり辛辣なコメントが寄せられていましたが、私が人間消失を読んだ感想を挙げていきましょう。

ストーリーとしては松岡と二人きりになった浜田が必死になって生きる姿を描いて終わりという形になっていますが、もう少しストーリーの変化があっても良かったのかなと思います。

そもそもなぜ4人だけの世界に入り込んでしまったのか…

ここが疑問として残ったまま終わってしまったので、この設定に対しての回収は欲しかったなと思います。

明確な回答がなかったとしても「この描写があったから4人だけの世界になってしまったのかな?」というようなヒント的な描写があると物語に深みが出たのかなと思います。

また生きる事をテーマに描くのであれば、松岡との間に子供が出来て、その子供を育てている描写を出すなど、亜分かりやすいところを描いていればコンセプトが伝わったと思います。

以上が私が「人間消失」の最終回を読んだ感想です。

各巻ごとのあらすじ・ストーリー紹介は以下にて紹介しています。

「人間消失」最終回の意味を考察

「人間消失」の最終回は静に徹していたという印象を受けました。

前述した通り、なぜ4人以外の人間は消失してしまったのか、異世界に転生したのは自分達なのか、4人以外の人達なのかというシナリオ上の謎と解明はなされていませんでした。

そこを描かなかったという事は、最後浜田が1人で生きている事、そして松岡と2人で過ごした思い出という描写を強く出したかったという事なのかなと考えます。

絶望的な世界、未来が見えない世界でも人は生を与えられたのであればとにかく生きる

そんなメッセージが隠されていたのだと思います。

文明が発達して、様々なライフスタイルが確立されていく中、生きる事を難しく考える人が増えていると思います。
(筆者の私も生きる事については色々考えたりします)

ただ、生きる為には衣食住を獲得する事と、前向きに生きていこうという意志だけが必要なのだから、深い事は考えずに生きていこうというメッセージが込められていると考察します。

「どんな状況であれ自分は生きるんだ」という強い意志のようなものを感じる作品でした。

各巻ごとのあらすじ・ストーリー紹介は以下にて紹介しています。